薄毛の原因

AGA(エージーエー)治療にかかる費用・料金とAGA対策の病院検索

AGA治療薬ガイド

薄毛の原因と女性のFAGA

AGAによる薄毛の原因は未だ特定されておりません。遺伝や男性ホルモンによるものという解釈が有力ですが、血行や生活習慣・ストレスによる影響も少なからずあるようです。

AGAによる脱毛部位には、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が高濃度にみられます。男性ホルモンのテストステロンが、5α-還元酵素という物質により変換されたものがDHTです。このDHTにはヘアサイクル(毛周期)の成長期を短くしてしまう働きがあると考えられています。

ヘアサイクルの成長期が短くなってしまうことで、髪の毛は太く長く成長する前に退行期に移行してしまいます。結果として細く弱々しい毛が増え、抜け毛と共に頭髪の全体的なボリュームダウンにより益々薄毛が目立つようになってきます。

このヘアサイクル成長期の短縮現象による毛包のミニチュア化(毛包が充分に成長する前に退行期・休止期に移行してしまうこと)の原因の1つが先のDHTです。

「男性ホルモンのテストステロンが原因」と聞くと男性のみの現象かと思いがちですが、女性にも男性の1/10程度のテストステロンが血中に存在しております。従って、男性同様のメカニズムで薄毛・抜け毛に至る場合があり、この現象をFAGA(女性男性型脱毛症)と呼んでいます。

AGA(男性型脱毛症)についてもっと詳しく知りたい!


HOMEへ戻るAGA病院検索